生理痛を和らげる方法を原因から追求してまとめてみました。

女性にしかわからない悩みの生理痛。痛みのメカニズムは?

女性なら必ず全員生理痛がひどいと言う訳でもなく、人によって症状の大きさは様々です。 ちょっと痛む程度の軽い人もいれば、ひどい人は痛みで寝込んでしまったり、吐き気や頭痛などの症状を訴える人もいるなど個人差があるため、その辛さを他の人にはわかってもらえない事もあります。
では生理痛はどうやっておこるのでしょうか?生理中には「プロスタグランジン」という物質が多く分泌されます。この物質は子宮を収縮させて経血を外に排出する働きがありますが、同時に痛みを強くする働きももっています。沢山分泌されると収縮も強くなり痛みも強くなってしまうというわけです。


この生理痛には子宮内膜症などの病気が原因となる「器質的月経困難症」と体の冷えや血行不良が原因となる「機能的月経困難症」に分けられます。 冷えが原因で血行不良などがおこるとこのプロスタグランジンが骨盤内に滞ってしまい痛みが強く出てしまうので、冷えの改善で生理痛を和らげることができます。

日常でできる生理痛を和らげる方法をご紹介

冷えや血行不良が原因の場合は、まず冷えの改善が必要です。薄着はせずに、足浴などで足を温めたり、腰やお腹を温めるのも効果的です。また身体を締め付けつける服装や下着も血行を悪くする原因となるので注意が必要です。食べ物からも身体を温める事が出来ます。根菜類や生姜・にんにく等は身体を温める作用があるので日常の食事で意識して取り入れてみるとよいでしょう。
定期的に運動をする事も効果的です。適度に身体を動かし血行を良くする事で冷えの改善にも効果があります。運動というと長続きしないと思うかもしれませんが、続ける事が大事なのでストレッチやウォーキングなど簡単に出来るもの取り入れてみましょう。 精神的なストレスも生理痛の原因となります。リフレッシュする事も生理痛を和らげる方法の一つです。 生理中は心をリラックスさせてストレスをなるべくためないように心がけましょう。


Copyright(c) 2014 RichMedia Co., Ltd. All Rights Reserved.